ポケットモンスターは、1996年に最初のゲームボーイソフトが発売されて人気となりました。その後、コロコロコミックにも漫画版が登場しました。

人気に火を点けたピカチュウ

翌1997年にテレビアニメがスタートすると、主題歌と共に子どもたちの間で広く知られる存在となりました。アニメはポケモンマスターのサトシが、ピカチュウを相棒にポケモンリーグを闘うストーリーで、主人公のサトシたちが身近にいるポケモンを採集し、育成し、ライバルと互いのポケモンを対戦させ、また、ポケモンを交換しながら友情を育み成長していく物語です。特にピカチュウの容姿と「ピカチュウ!」の鳴き声がかわいらしく、ピカチュウのアイコンを通して幅広い世代から知られるようになりました。ポケモンのデコキャラシールがおまけとして付いてくるポケモンパンも1998年に発売して以来のロングヒットとなっています。

時代の先を行くロールプレイングゲーム

ゲームのポケモンは、プレーヤー自身がポケモントレーナーとしてポケモンの採集・育成・対戦・交換を他のプレーヤーと行うことができるロールプレイングゲーム(RPG)で、当時としては画期的でした。また、2016年にスマートフォンのゲームとして登場したポケモンGOは、ゲーム機を持たないためポケモンのゲームをしたことがない層も取り込み、海外でも社会現象となりました。スマートフォンのカメラを通して見た拡張現実(AR)の空間にいるポケモンをモンスターボールで収集する体験を提供することに成功しました。

ポケモンの次のヒット

現在、日本の小学生の間ではデュエルマスターズというカードゲームが、大変難しいルールであるにもかかわらず流行し、テレビアニメにもなっています。もしかしたら、ポケモンの次のヒットになるのかしれません。